診療時間

 
無料メール相談

かぶせ物に関して

補綴

歯科治療における補綴という方法は、歯が欠けたり、歯が無くなった場合にクラウンや入れ歯などの人工物で補う方法です。

クラウン

歯は歯茎の中にある部分(歯根)口の中に出ている部分(歯冠)に分けられます。
虫歯になり歯がボロボロになったと気がつくのは、この歯冠が無くなるからです。
歯冠がボロボロでも歯根がしっかりしていれば、クラウンによる治療が受けられます。

治療方法としては、歯には神経(歯ずいともいいます)が通っていますが、虫歯が神経まで達してしまい、歯冠がボロボロになった場合、虫歯部分を削り取り、神経をとって薬でしっかり治療します。そのあとに、歯根の部分を利用して金属などで土台を建てます。

そして、その土台の上に金属やセラミックス(陶器)で作った人工の歯冠(冠)をかぶせます。

ブリッジ

歯が1~2本なくなった場合、なくなった両脇の歯がしっかりしている時に、両脇の歯を支えとして人工の歯を橋のように架けるものをブリッジと言います。

歯根がしっかりしていれば、歯根に土台を建てて、冠をかぶせるために型をとり、ブリッジを造ってセメントでつけます。

部分入れ歯

1~2本の歯がなくなった場合には、両脇の歯を支えとして、異物感が少なく自然観のあるブリッジによる治療が可能ですが、支えになる歯が片側にしかない場合や多数の歯が失われている場合、部分入れ歯の治療の適応となります。

総入れ歯

上顎または下顎の歯をすべて失った場合の入れ歯。

人間の歯は、親知らず(第3大臼歯)を含めると、上下左右全部で32本あります。
これらが何らかの原因で抜けていき、歯が1本も無い人を無歯顎者と呼びます。
無歯顎者が食べたり話したりする機能を回復するために、口の中へ入れる人工の装置を総入れ歯と呼びます。

インプラント

人工歯根とも呼ばれ、歯がなくなったところの骨に主にチタンなどの金属を埋め込み、その上に人工の歯を作る方法です。

インプラントの埋め込みには外科手術が、また骨としっかりくっつくためには期間が必要です。顎の骨の量が十分にあること骨の質に問題がないこと骨粗鬆症や糖尿病などの全身的な問題がないことが前提になります。

医院理念

医院理念

予防に重点を置き、歯をできる限り削りません。

最も優れた白い歯の復元方法

最も優れた白い歯の復元方法

自然の美しさを取り戻す治療

今度こそ咬める入れ歯を!

今度こそ咬める入れ歯を!

オーラルリハビリテーションのすすめ

審美歯科

審美歯科

あなたの美しい歯を守る治療

実は恐ろしい歯ぎしり

実は怖い症状の歯ぎしり

寝ている間も歯を守る!歯ぎしり治療

安心のカウンセリング

安心のカウンセリング

患者様のお悩みや課題を聞いてから治療をしております!

もっとも大切な咬み合わせ

歯で最も大切なのは咬み合わせ

日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医が伝える咬み合わせの重要性

かぶせ物に関して

かぶせ物に関して

歯が欠けたり、歯が無くなった場合、クラウンや入れ歯などの人工物で補います。

インレーが歯をダメにする!

インレーが歯をダメにする!

ビーバー歯科では原則としてインレー治療はしません。

PageTOP

無料メール相談