診療時間

 
無料メール相談

歯科用CTとは

歯科用CT ビーバー歯科では、歯科用CT撮影装置を完備しています。

従来のX線診査では2次元の平面画像を術者の経験と想像力を駆使して、診断をおこなっていましたが、CTの導入によって、顎や歯の中の様子を鮮明な3次元の立体画像で見ることができるようになり、これにより、更に正確な診断と安全性の高い治療が可能になりました。

歯科用CT

また、今までは大きな病院で行っていた撮影が院内で可能になりました。
そのため、委託料などもなくなり、非常に安価に診査、診断ができます。
歯科用CTは被曝線量が低く、体にも安心です。

歯科用CT

こういう処置こそCTの本領発揮です

歯内療法

歯根や根管の太さや方向や湾曲、根尖病変の範囲や位置が立体的に把握できるため、従来の平面的なX線画像に比べて、情報量が多く、診断・治療の精度が飛躍的に向上します。

インプラント治療

インプラントを埋入する部分の骨の厚みや緻密度の把握や、上顎洞(副鼻腔の一つで膿が溜まると、いわゆる蓄膿症になります)や鼻腔、下歯槽管(下顎骨の中にあり、神経や動脈が通っています)とインプラント体との位置関係を知るためには不可欠です。

親知らずの抜歯

下顎の親知らずの根は下歯槽管に近接していたり、根が管を巻き込んでいることも稀にあります。抜歯の際に下歯槽管神経にダメージを与えると口唇に麻痺が生じたり、動脈を損傷すれば大量出血するなどのリスクがあります。

安全に手術をおこなうためには、術前のCTによる立体的な解剖学的位置関係の把握はとても重要です。

医院理念

医院理念

予防に重点を置き、歯をできる限り削りません。

最も優れた白い歯の復元方法

最も優れた白い歯の復元方法

自然の美しさを取り戻す治療

今度こそ咬める入れ歯を!

今度こそ咬める入れ歯を!

オーラルリハビリテーションのすすめ

審美歯科

審美歯科

あなたの美しい歯を守る治療

実は恐ろしい歯ぎしり

実は怖い症状の歯ぎしり

寝ている間も歯を守る!歯ぎしり治療

安心のカウンセリング

安心のカウンセリング

患者様のお悩みや課題を聞いてから治療をしております!

もっとも大切な咬み合わせ

歯で最も大切なのは咬み合わせ

日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医が伝える咬み合わせの重要性

かぶせ物に関して

かぶせ物に関して

歯が欠けたり、歯が無くなった場合、クラウンや入れ歯などの人工物で補います。

インレーが歯をダメにする!

インレーが歯をダメにする!

ビーバー歯科では原則としてインレー治療はしません。

PageTOP

無料メール相談