診療時間

 
無料メール相談

歯間ブラシとデンタルフロス

みなさんは毎日の歯磨きに、デンタルフロスや歯間ブラシを使っていますか。

一度も使ったことのない方も多いかもしれません。
歯間ブラシやデンタルフロスはお口の中をきれいにする道具で毎日の歯磨きの時に歯ブラシでブラッシングした後に使用することで磨き残しによる細菌の繁殖を防ぐことが出来ます。

磨き残しが多く見られる、歯と歯の間や、歯と歯茎の間はデンタルフロスや歯間ブラシを用いてお口全体の健康を維持します。

歯ブラシ1本だけではどんなに上手に磨いても、歯と歯の間の歯垢(プラーク)を落とすことは難しいです。
歯と歯の間の歯垢(プラーク)の除去率は歯ブラシだけだと58%ですが、デンタルフロスを使用することで86%にぐんと上がり、さらに歯間ブラシを加えると98%まであがるという調査結果も出ています。

デンタルフロスや歯間ブラシを加えると歯を清潔に保ち虫歯、歯周病予防につながります。

デンタルフロスは、歯と歯の間にできた虫歯をセルフチェックすることが出来ます。

歯の表面を擦るようにしてデンタルフロスを動かしてください。
虫歯がある場合、デンタルフロスが引っかかったり、ざらつきを感じたりします。
デンタルフロスで初期虫歯を発見することができれば、大掛かりな治療をしなくてもちょっとした治療や予防処置だけで済みます。

デンタルフロスを使うことは歯垢の除去だけではなく。虫歯の早期発見にも役立てることが出来ます。

歯間ブラシやデンタルフロスには、様々な種類があります。

誤った使い方をすると歯や歯茎を傷める原因になります。
ご自分のお口にあったサイズのものを正しく使用しましょう。

医院理念

医院理念

予防に重点を置き、歯をできる限り削りません。

最も優れた白い歯の復元方法

最も優れた白い歯の復元方法

自然の美しさを取り戻す治療

今度こそ咬める入れ歯を!

今度こそ咬める入れ歯を!

オーラルリハビリテーションのすすめ

審美歯科

審美歯科

あなたの美しい歯を守る治療

実は恐ろしい歯ぎしり

実は怖い症状の歯ぎしり

寝ている間も歯を守る!歯ぎしり治療

安心のカウンセリング

安心のカウンセリング

患者様のお悩みや課題を聞いてから治療をしております!

もっとも大切な咬み合わせ

歯で最も大切なのは咬み合わせ

日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医が伝える咬み合わせの重要性

かぶせ物に関して

かぶせ物に関して

歯が欠けたり、歯が無くなった場合、クラウンや入れ歯などの人工物で補います。

インレーが歯をダメにする!

インレーが歯をダメにする!

ビーバー歯科では原則としてインレー治療はしません。

PageTOP

無料メール相談