診療時間

 
無料メール相談

歯内療法

ビーバー歯科ではできるだけ歯の神経(歯髄)を取らずに保存する治療をおこなっていますが、虫歯が深く、歯髄まで明らかに進行して激しい痛みがある場合には、やむを得ず感染してしまった歯髄をとって根の治療をします。

また何らかの原因で歯髄が死んでしまったり、根の治療をした歯の根の先(根尖)に膿が溜まってしまった場合にも根の治療が必要となります。

この根の治療(歯の内部の治療)を「歯内療法(根管治療)」といいます。

大切な歯内療法

虫歯が進行してしまい歯髄に不可逆性(元の状態には戻らない)の炎症が起きた場合は「抜髄」により感染が歯の外に広がるのを防止し、歯髄が壊死してしまったり、不十分な根管治療のために根尖(根の先)周囲に感染が及んで病変を形成した場合は、その感染源を除いて病変の治癒を促し、これにより重篤な口腔および全身的疾患の発生を未然の防ぐことができるのです。

歯内療法の直接的な目的は、大切な歯を長期にわたって機能させるためであり、その良し悪しが歯の存亡に大きく関わってくるとても重要な治療です。

ですから歯科医師は的確に診査・診断をし、最良の器具機材を使用し最高の治療を提供しなければならないと考えます。

難しい歯内療法

解剖学的要因

歯内療法とは歯の内部の治療のことですが、歯の中は直接肉眼で見ることができません。
根管の数は歯の種類や人によっても様々です。根管の太さは1mm以下で先端に行くほど細くなりいくつにも分岐したり湾曲したり同じものは一つとしてありません。

更にイスムスやフィンといった複雑な構造があり、感染物資を完全に取り除くのは不可能です。

細菌学的要因

細菌はもちろん肉眼では見えません。
細菌のコロニーであるバイオフィルムや細菌が抵抗性をもつなど、その要因は複雑です。

石灰化の問題

石灰化とは根管の内壁が年齢とともにカルシウムの沈着によって狭く細くなるため器具が到達できなくなり、感染物質の機械的除去が困難になります。

高度な治療技術が必要

歯内療法は非常に細やかな治療で高度な専門知識と熟達した技術と集中力が必要です。

とりわけ再治療のケースではパーフォレーション(本来あるべき場所でない所に穴があいている)やレッジ(段差)形成、器具(治療用ファイル、超音波チップ、ドリルなど)の破折などの偶発症に対応しなければならず、細心の注意が必要です。

診断の困難性

歯内療法に関連する症状は歯の疼痛や違和感、歯肉の腫れ、フィステル(瘻孔)などがありますがこれらの原因は複雑です。
歯根破折などは治療前の歯周ポケット検査や歯科用X線、CTによる診査においてもわからない場合があり実際に歯内療法を開始してマイクロスコープにより確認できたり、根尖部の歯根破折は手術をすることで判明することがあります。

また歯の痛みは歯髄炎(神経の痛み)や根尖性歯周炎(根の周囲の痛み)の他にも三叉神経痛や筋筋膜性疼痛などが原因の場合もあります。

一番重要な事は治療が難しい歯内療法をしないことです。
可能な限り歯髄温存療法により大切な歯髄を保存します。

歯髄の的確な診査・診断

患者様から症状や痛みの性質や強さや経過などの問診を十分にします。そして電気的歯髄診断と冷反応テストをおこない歯髄の生死を厳密に診断します。複根歯であれば根ごとの診査が必要です。歯髄が壊死に向かう場合は1週間から1ヶ月ほどかかる場合があり、歯内療法を開始するのは確実に歯髄が死んでしまったと確定してからです。

歯内療法の成功のために

解剖学的形態の把握

肉眼で見ることのできない歯の内部の状況を事前に把握するためにX線診査は必須です。
さらに3次元的に根管数や湾曲の度合いを知る上で歯科用CTは威力を発揮し多くの情報を与えてくれます。

感染象牙質の徹底的な除去

歯の内部を綺麗な状態にするために細菌に汚染された感染象牙質や感染歯髄を完全に取り除くことが重要です。

根管内の十分な洗浄、および消毒

根管内の十分な洗浄と象牙質全体消毒によりできるだけ細菌数を減らします

イオン導入法

ビーバー歯科では歯内療法(根の治療)において薬剤を使用せず、イオン導入法による消毒を行っています。

歯の内部(根管)は細くて複雑に枝分かれしていて、しかも肉眼では見えません。細菌や感染物質を機械的に完全に取り除ききれいな状態にするのは非常に困難です。

そのため根管を消毒する必要がありますが 普通の薬剤による消毒では複雑な歯の内部まで消毒できません。
歯を長くのもたせるためには歯(象牙質)全体を消毒することがとても重要であり、そのために象牙質全体を消毒することが唯一可能な”イオン導入法”をおこなっています。

詳しくはこちら

緊密な根管充塞が必須です。

根管内や象牙質が清潔な状態になり根尖からの排膿が無くなったら、根管内を生体に安全な材料で密閉します。死腔(隙間)が残っていると細菌の温床となる可能性があるので根管を緊密に封鎖することはとても重要です。

さらなる精密治療であれば…

精密歯内療法(スーパーエンド)

医院理念

医院理念

予防に重点を置き、歯をできる限り削りません。

最も優れた白い歯の復元方法

最も優れた白い歯の復元方法

自然の美しさを取り戻す治療

今度こそ咬める入れ歯を!

今度こそ咬める入れ歯を!

オーラルリハビリテーションのすすめ

審美歯科

審美歯科

あなたの美しい歯を守る治療

実は恐ろしい歯ぎしり

実は怖い症状の歯ぎしり

寝ている間も歯を守る!歯ぎしり治療

安心のカウンセリング

安心のカウンセリング

患者様のお悩みや課題を聞いてから治療をしております!

もっとも大切な咬み合わせ

歯で最も大切なのは咬み合わせ

日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医が伝える咬み合わせの重要性

かぶせ物に関して

かぶせ物に関して

歯が欠けたり、歯が無くなった場合、クラウンや入れ歯などの人工物で補います。

インレーが歯をダメにする!

インレーが歯をダメにする!

ビーバー歯科では原則としてインレー治療はしません。

PageTOP

無料メール相談