診療時間

 
無料メール相談

歯牙移植とは…

歯牙移植とは なんらかの理由で歯が抜歯になったところに、親知らずなどの不要な歯を移植する治療法です。
この歯牙移植による治療を知る方は、あまりいません。

移植できる歯があれば、インプラントなどよりも自分の歯を利用するのが最良です。

歯牙移植はインプラントのように規格化されているものではなく、治療には知識、経験、技術と想像力が必要です。

移植の成否は主に、診査・診断、手術の手際の良さ、移植歯の形態や歯根膜の健康度によりますが、適応症を正しく選択すれば、自分の歯で噛む事ができるようになり、期間も費用もインプラントよりも抑えられるのです。一石二鳥のどころではなく、一石三鳥、四鳥にもなるのです。

こちらの治療法はどこの歯医者でも行われているものではなく、歯牙移植の専門知識と技術を持つ歯科医院のみができる治療法です。

ビーバー歯科では、開業当初より歯牙移植を行っており、数十症例の実績があります。ビーバー歯科でおこなった自家歯牙移植の成功率は100%で、現在のところ、全患者様の歯は問題なく、正常の歯と同様に機能しています。

患者様は30代男性です

歯牙移植とは

こちらの患者様は虫歯を治したいといい、ご来院されたのですが、左下の第一、第二大臼歯の虫歯が深く、抜歯せざるを得ない状況でした。

歯牙移植とは 歯の欠損に対する治療法はブリッジ、入れ歯、インプラントが一般的ですが、この患者様の場合は奥に親知らずが残っておりました。

そこで私は、親知らずを第二大臼歯を抜歯した部分に移植して、手前の歯とブリッジにして、治療する方法を提案したのです。

歯牙移植とは 親知らずは抜く前に、糸で固定できるように、バツ印を彫り込んであります。

歯牙移植とは 親知らずを抜歯。
一つ手前の抜歯した穴に移植をいたしました。

上の歯と当たらないように、かみ合わせを調節した後、糸で固定をして移植手術終了です。

歯牙移植とは 移植後は、消毒・クリーニング・咬み合わせのチェックのために、頻繁に来院していただきます。

この糸は10日程度で除去します。
移植歯と歯肉はくっつくので、歯が抜け落ちたりはしません。

3週間後、歯の動揺がある程度少なくなったら、歯内療法(歯の根の治療)を開始します。

歯牙移植とは

歯内療法終了後、土台で歯を補強して、ブリッジを作製しました。

歯牙移植とは
歯牙移植とは

このように、正常の歯と同様に全く違和感なく、咬むことができるようになります。
治療期間は約3ヵ月間です。わずか3ヵ月で、奥歯の機能を回復することができました。

患者様にも大変喜んでいただきました。
現在は、定期的なメインテナンスで経過観察しておりますが、正常な歯と同様に機能しています。

医院理念

医院理念

予防に重点を置き、歯をできる限り削りません。

最も優れた白い歯の復元方法

最も優れた白い歯の復元方法

自然の美しさを取り戻す治療

今度こそ咬める入れ歯を!

今度こそ咬める入れ歯を!

オーラルリハビリテーションのすすめ

審美歯科

審美歯科

あなたの美しい歯を守る治療

実は恐ろしい歯ぎしり

実は怖い症状の歯ぎしり

寝ている間も歯を守る!歯ぎしり治療

安心のカウンセリング

安心のカウンセリング

患者様のお悩みや課題を聞いてから治療をしております!

もっとも大切な咬み合わせ

歯で最も大切なのは咬み合わせ

日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医が伝える咬み合わせの重要性

かぶせ物に関して

かぶせ物に関して

歯が欠けたり、歯が無くなった場合、クラウンや入れ歯などの人工物で補います。

インレーが歯をダメにする!

インレーが歯をダメにする!

ビーバー歯科では原則としてインレー治療はしません。

PageTOP

無料メール相談