ビーバー歯科

0470-25-52220470-25-5222 9:30-13:00 / 14:30-18:00
キャッチ

icon 歯の豆知識一覧

icon 親知らずって抜いた方がいいの?

結論から言うと抜いた方が良い場合が多いです。

その理由は正常な位置に萌出して正常な咬み合わせになる事が少ないからです。

親知らずは第二大臼歯の後ろから20歳前後に生えてくるのですが、生えるスペースが少ないために完全に萌出できず半分歯肉に埋まっていたり、斜めになって出てきたりします。

そのためにブラッシングが困難でプラークコントロールが不十分なため虫歯になったり、咬み合わせを乱すために顎や他の歯に悪影響を及ぼします。

そのために親知らずを抜歯してその他の歯を良い咬み合わせ、プラークコントロールをしやすい環境にした方が良いわけです。

稀に親知らずを抜歯しない方が良いケースもあります。

それは、親知らずが正常に萌出して正常な咬み合わせに参加している場合や、将来、他の歯が抜歯になった時に親知らずを自家歯牙移植のドナーとして利用できる場合などです。

親知らずの萌出状態は個人差が大きいので抜歯する方が良いかどうかは、歯科医院で診査してくださいね。