ビーバー歯科

0470-25-52220470-25-5222 9:30-13:00 / 14:30-18:00
キャッチ

icon 歯の豆知識一覧

icon 一番硬いけれど強くはない歯

 

突然ですが皆さん、

身体の中で一番硬いものは何だと思いますか?

答えは 歯です。

歯の表面のエナメル質なのです。

物質の硬さを表すモース硬度という単位があります。

モース硬度は、物の硬さを10段階ではかるります。

 鉱石・宝石なども、このモース硬度でその硬さを表現されることが多いです。

人体で最も硬い、歯のモース硬度は7~8です。10段階あるうちの7~8なので、

かなり硬い部類だと言えます。

 

歯と同じくらいの硬さを持つ物の例には、水晶があります。

硬いイメージのある鉄は硬度4、ガラスでも硬度5。意外と歯より硬くないのです。

 

歯科医が歯を削るためにも使われる、ダイヤモンドは硬度10!

もちろん歯よりも硬い素材できています。

 

~モース硬度別の物質例~

モース硬度1:チョーク

モース硬度2:岩塩、石膏 (2.5で爪)

モース硬度3:サンゴ

モース硬度4:鉄、パール、蛍石 

モース硬度5:骨、ガラス、 

モース硬度6:正長石、オパール

モース硬度7:歯(エナメル質)、水晶、石英

モース硬度8:エメラルド、トパーズ

モース硬度9:ルビー、サファイヤ

モース硬度10:ダイヤモンド

 

 歯は水晶と同じくらい硬いのですが決して強くはありません。この「エナメル質」にも弱いものがあります。

それは、歯垢のバイオフィルム、プラーク中にいる

ミュータンス菌が出す「酸」です。

その「酸」が「エナメル質」を溶かし虫歯になってしまうのです。

硬い丈夫な歯でも、それを維持するためには毎日のプラークコントロールで歯垢、

バイオフィルムをしっかり除去することが大切なのです。

 

館山市をはじめ、近隣の南房総市、鴨川市の患者様が

ビーバー歯科にいらしてくださっています。

いつもありがとうございます。

虫歯や歯周病、義歯など些細なお悩みでもお伺いさせていただきますので

お気軽にお問い合わせください。

本日は、ビーバー歯科 石井が担当させていただきました。