ビーバー歯科

キャッチ

icon 診察科目

歯内療法 歯内療法

  • 歯内療法とは 歯内療法とは

    歯内療法とは

    ビーバー歯科ではできるだけ歯の神経(歯髄)を取らずに保存する治療をおこなっていますが、虫歯が深く、歯髄まで明らかに進行して激しい痛みがある場合には、やむを得ず感染してしまった歯髄をとって根の治療をします。

    また何らかの原因で歯髄が死んでしまったり、根の治療をした歯の根の先(根尖)に膿が溜まってしまった場合にも根の治療が必要となります。

    この根の治療(歯の内部の治療)を「歯内療法(根管治療)」といいます。

  • このような症状はありませんか? このような症状はありませんか?

    このような症状はありませんか?
    • 治療したのに歯が痛む
    • 歯磨きをしているのに歯茎が腫れる
    • 疲れると歯が浮く

    虫歯が進行してしまい歯髄に不可逆性(元の状態には戻らない)の炎症が起きた場合は「抜髄」により感染が歯の外に広がるのを防止し、歯髄が壊死してしまったり、不十分な根管治療のために根尖(根の先)周囲に感染が及んで病変を形成した場合は、その感染源を除いて病変の治癒を促し、これにより重篤な口腔および全身的疾患の発生を未然の防ぐことができるのです。

    歯内療法の直接的な目的は、大切な歯を長期にわたって機能させるためであり、その良し悪しが歯の存亡に大きく関わってくるとても重要な治療です。

    ですから歯科医師は的確に診査・診断をし、最良の器具機材を使用し最高の治療を提供しなければならないと考えます。

  • 歯内療法は歯を大事にするあなたに全力でしてあげたい治療法です 歯内療法は歯を大事にするあなたに全力でしてあげたい治療法です

    歯内療法は歯を大事にするあなたに全力でしてあげたい治療法です
    • 抜歯になるのはイヤだ
    • ブリッジはイヤだ
    • 入れ歯やインプラントはもっとイヤだ
    • 歯の再治療はもううんざりだ
    • ずっと自分の歯で噛みたい
    • 歯を生涯もたせたい

    ビーバー歯科では、「生涯ご自分の歯でおいしく食事ができる」ことを医院理念として、歯を温存し長く機能させるために、できるだけ歯を削らない治療、歯髄(神経)を取らない治療に徹底的にこだわり続けています。

    虫歯が深く歯髄(神経)まで及んでいたとしても、感染が軽度であれば、できるだけ歯髄を温存して治療します。そのため、当院にて抜髄(初めての歯内療法)をするケースは年間数例です。

    それに対し、根管治療のやり直しのケースはとても多く、歯内療法のほとんどが感染根管治療です。

    初診でお見えになった患者様のお口の中の無髄歯(神経を取ってしまった歯)の多さに驚き、本当に悲しくなります。

    歯を保存させるための最後の手段が歯内療法です。歯は治療すればするほど歯質が少なくなってしまい、歯根破折などのリスクが高くなり、長期間機能することが難しくなります。二度と再治療しないように歯内療法はできるだけ高精度、かつ予知性の高い治療が望まれます。

    残念ながら、現状の日本の保険制度では満足のいく治療ができないため、ビーバー歯科では希少性の高い歯科用CTや手術用顕微鏡を使用し、熟練の技術により妥協なく丁寧に時間をかけて治療を行う歯内療法により、大切な歯を温存し守っています。

  • 歯内療法には高度な技術が必要 歯内療法には高度な技術が必要

    歯内療法には高度な技術が必要

    解剖学的要因 解剖学的要因

    歯内療法とは歯の内部の治療のことですが、歯の中は直接肉眼で見ることができません。
    根管の数は歯の種類や人によっても様々です。根管の太さは1mm以下で先端に行くほど細くなりいくつにも分岐したり湾曲したり同じものは一つとしてありません。

    更にイスムスやフィンといった複雑な構造があり、感染物資を完全に取り除くのは不可能です。

    石灰化の問題 石灰化の問題

    石灰化とは根管の内壁が年齢とともにカルシウムの沈着によって狭く細くなるため器具が到達できなくなり、感染物質の機械的除去が困難になります。

    高度な治療技術が必要 高度な治療技術が必要

    歯内療法は非常に細やかな治療で高度な専門知識と熟達した技術と集中力が必要です。

    とりわけ再治療のケースではパーフォレーション(本来あるべき場所でない所に穴があいている)やレッジ(段差)形成、器具(治療用ファイル、超音波チップ、ドリルなど)の破折などの偶発症に対応しなければならず、細心の注意が必要です。

    診断の困難性 診断の困難性

    歯内療法に関連する症状は歯の疼痛や違和感、歯肉の腫れ、フィステル(瘻孔)などがありますがこれらの原因は複雑です。

    歯根破折などは治療前の歯周ポケット検査や歯科用X線、CTによる診査においてもわからない場合があり実際に歯内療法を開始してマイクロスコープにより確認できたり、根尖部の歯根破折は手術をすることで判明することがあります。

    また歯の痛みは歯髄炎(神経の痛み)や根尖性歯周炎(根の周囲の痛み)の他にも三叉神経痛や筋筋膜性疼痛などが原因の場合もあります。

    一番重要な事は治療が難しい歯内療法をしないことです。
    可能な限り生活歯髄療法により大切な歯髄を保存します。

    歯髄の的確な診査・診断 歯髄の的確な診査・診断

    患者様から症状や痛みの性質や強さや経過などの問診を十分にします。そして電気的歯髄診断と冷反応テストをおこない歯髄の生死を厳密に診断します。複根歯であれば根ごとの診査が必要です。歯髄が壊死に向かう場合は1週間から1ヶ月ほどかかる場合があり、歯内療法を開始するのは確実に歯髄が死んでしまったと確定してからです。

  • 歯内療法の成功のために 歯内療法の成功のために

    歯内療法の成功のために

    解剖学的形態の把握 解剖学的形態の把握

    歯内療法が必要となった歯の根や根管、歯槽骨の状況を正確に把握するために通常の歯科用X線診査に加え 歯科用CT診査を併用することで、根管の太さや方向、湾曲の度合い、さらに歯槽骨の欠損の状態を3次元的に知ることができ、治療前に多くの情報が得られるためこれまでの術者の経験や勘、手探りの処置からより安全で確実な治療が可能になりました。

  • 感染源の徹底的な除去 感染源の徹底的な除去

    ラバーダム防湿 ラバーダム防湿

    感染源の徹底的な除去

    治療する歯にゴムのシートを掛けて、唾液が歯に入らないようにして、細菌感染を防止します。また、薬剤から歯肉や粘膜を保護したり、治療器具の誤飲を防ぐためにも大切な処置です。

    マイクロスコープ マイクロスコープ

    マイクロスコープ

    マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用することで肉眼の最大25倍まで拡大して歯の内部を見ることができます。肉眼治療では見逃していた根管やイスムスやフィンなどの感染物質の機械的除去が可能となりました。

    ニッケルチタンファイルを使用 ニッケルチタンファイルを使用

    ニッケルチタンファイルを使用

    ファイルとは感染象牙質を機械的に除去するための回転切削器具のことですが、従来のステンレス製ファイルよりニッケルチタン製ファイルは物性的に優れ、超弾性でしなやかなため複雑な形態の根管にも追従しレッジ形成や、ファイル破折のリスクを回避できます。また、根尖部付近の規格形成を行うことで治療のシステム化と効率化が可能です。

  • 十分な洗浄と消毒 十分な洗浄と消毒

    機械的に除去した感染物質を排出させるために念入りに音波洗浄をします。また、根管壁や象牙細管内の汚染された無機質、有機質を溶解して更に洗浄を徹底します。

    そして、イオン導入法により象牙質全体消毒をします。マイクロスコープを使用しても、細菌は目には見えないのです。歯内療法が成功するかは、いかに細菌を制するかにかかっています。

    イオン導入法 イオン導入法

    イオン導入法

    ビーバー歯科では歯内療法(根の治療)において薬剤を使用せず、イオン導入法による消毒を行っています。

    歯の内部(根管)は細くて複雑に枝分かれしていて、しかも肉眼では見えません。細菌や感染物質を機械的に完全に取り除ききれいな状態にするのは非常に困難です。

    そのため根管を消毒する必要がありますが 普通の薬剤による消毒では複雑な歯の内部まで消毒できません。

    歯を長くのもたせるためには歯(象牙質)全体を消毒することがとても重要であり、そのために象牙質全体を消毒することが唯一可能な”イオン導入法”をおこなっています。

    「イオン導入法」は安全・確実な歯内療法(根の治療)における消毒法です。

    イオン導入とは、金属が溶けている溶液に電流を流すことで、金属イオンが電気泳動により細菌の細胞壁タンパク質と結合・破壊することにより消毒効果を発揮します。これにより、どんなに細かい器具も届かない根管や側枝の隅々、さらに象牙質全体を消毒することができるのです。

  • 緊密な根管充塞 緊密な根管充塞

    緊密な根管充塞

    感染象牙質が取り除かれて根管内が綺麗な状態になり、しかも根尖から根管内に膿の浸出がなくなったら根管充塞のタイミングです。隙間なく根管内を緊密に封鎖することで細菌の温床となるスペースを無くして歯を長く保存することができます。そして根尖歯周組織も骨の再生やセメント質の添加により治癒に向かっていくのです。

    通常の根管充塞材であるガッタパーチャでは根尖の封鎖が望めないケースや積極的に細菌を駆逐させたい場合にはバイオセラミック(MTA)を使用します。

    バイオセラミック(MTA)の特徴 バイオセラミック(MTA)の特徴

    • 生体親和性に優れた充填材料です
    • 抜群の封鎖性で細菌の侵入を防ぐ
    • 強アルカリ性のため持続的な殺菌性がある
    • 持続的な水酸化カルシウムの放出により骨・歯の再生を促す
    • 親水性のため少々の浸出液があっても使用できる

    歯内療法の治療例 歯内療法の治療例

    歯内療法の治療例

    歯内療法により根尖歯周組織が治癒に導かれ、骨が再生してX線透過像が消失しました。

  • 歯の価値 歯の価値

    歯の価値

    大切な歯を失わないためにできる最終手段の治療が歯内療法です。
    歯内療法の良し悪しが歯の存亡に大きく関わってきますので、最善の治療法を選択してください。

    最近ではインプラントによる治療が一般的になり歯の機能を代替させることが可能になってきました。しかし、インプラントは歯のようなものではありますが、歯とはまったく違う人工物です。

    どうかご自分の歯の大切さを改めて考えてください。天然歯はプライスレスなのです。歯は生涯の相棒であり、根は一生の支えであってほしいと願っています。

  • 歯内療法治療費 歯内療法治療費

    基本料金
    抜髄 前歯:93,500円
    小臼歯:115,500円
    大臼歯:137,500円
    感染根管処置 前歯:104,500円
    小臼歯:126,500円
    大臼歯:148,500円
    乳歯:27,500円
    再診料、衛生管理費 3,300円/回(2回目以降)
    歯内療法、前処置として クラウン、インレー除去:3,300円
    土台除去:8,800円
    歯肉切除:3,300円
    隔壁:8,800円
    その他

    投薬、X線撮影、イオン導入は無料です
    ファイル除去 1破片33,000円(除去できた場合のみ)
    バイオセラミック(MTA)使用の場合 1根管22,000円
    破折などにより抜歯となる場合は根管探索料として、33,000円

    土台および被せのものは自由診療になります
    22,000円(ファイバーコア)+被せのもの治療費

    外科的歯内療法(歯根端切除術、意図的再植術)は感染根管治療と同額(当院で歯内療法後3年以内の場合、半額)

    ※全て税込価格です。
  • 歯内療法はとても難しい治療です 歯内療法はとても難しい治療です

    歯内療法はとても難しい治療です

    歯の内部、根管は細くとても複雑な形態をしていて、しかも直接肉眼では見えないので、感染物質を完全に取り除き、きれいな状態にして緊密に密閉することは簡単ではありません。

    • 治療のあとで歯が浮いたり、強く咬むと痛みが出ることが時々ありますが、ほとんどの場合、数日で自然に治りますので心配ありません。
    • しっかりと歯内療法がなされ、土台がきちんとできた歯は、天然の歯と同じ咬みごこちを保つことができます!
    • しっかり歯内療法がなされた歯は、より長くもたせるためにも、耐久性、機能性、審美性に優れた被せものをお勧めいたします。それらには、様々な種類がありますので、担当スタッフにご相談ください!