ビーバー歯科

0470-25-52220470-25-5222 9:30-13:00 / 14:30-18:00
キャッチ

icon 診察科目

  • 歯周病治療 歯周病治療

    歯周病とは… 歯周病とは…

    歯周病とは…

    歯周病とは、歯肉やその周りの骨(歯槽骨)など、歯を支える歯周組織が炎症により破壊される慢性の炎症性疾患です。

    歯周病とは…

    その為、急に痛くなったり、見た目が変化したりせず、ゆっくりと病気が進行し、なかなか治癒しづらい病気です。日本人の約80%が歯周病と稀な病気です。

  • 歯周病と全身疾患の関係 歯周病と全身疾患の関係

    歯周病と全身疾患の関係

    昔でいう歯槽膿漏ですが、近年の研究では歯周病は単なる口の中だけでは無く、全身疾患(心疾患・糖尿病・誤嚥性肺炎・骨粗鬆症・早産など)、さまざまな病気の原因になる危険な病気であることが明らかになっています。

    例えば、歯周病の妊婦は、そうでない妊婦と比べて、早産および低体重児の出産の危険性が7倍になるという海外のデータがあります。また日本でも、早産の危険性が約5倍高くなるという報告があります。

    肺に感染すれば肺炎を起こしたり、血栓が出来やすくなり、動脈硬化を招き、心筋梗塞や狭心症、細菌性心内膜炎などを引き起こすこともあり、日本人疾患率が高い動脈瘤や動脈硬化を患っている70~80%の人の病変を解剖すると、歯周病菌が見つかっていて、歯周病と全身の関係は無視できない物になっています。

    • 糖尿病歯周病を改善すると糖尿病の状態もよくなるということも発表されています
    • 歯周病を予防することが生活習慣病(メタボなど)を防ぐことにつながっている
    • 肥満
    • タバコ病
    • 低体重児出産、早産
    • 骨粗しょう症
    • 心内膜炎(心臓病)
    • 動脈硬化・狭心症・心筋梗塞
    • 認知症
    • 肺炎
  • 歯ブラシだけでは歯周病は治りません!! 歯ブラシだけでは歯周病は治りません!!

    歯ブラシだけでは歯周病は治りません!!

    歯周病は残念ながら自然治癒しません。歯周病の原因として、歯垢や歯石があります。 歯垢は歯磨きで除去できますが、歯石は除去出来ません。

    歯石自体が悪さをするわけでは無く、歯石に付着したバイオプラークなどの細菌が歯周病を起こします。

    バイオプラークとは、口腔内微生物によって、膜状に構成されるもので、歯磨きや抗生物質などでは無くならない細菌の塊です。

  • 専門家による治療(プロフェッショナルケア)が必要 専門家による治療(プロフェッショナルケア)が必要

    専門家による治療(プロフェッショナルケア)が必要

    プロフェッショナルケアとは、歯科医師、歯科衛生士が超音波や専門歯面清掃器具を用いて、取り除きます。

    しかし、1度掃除をし、綺麗にしても、普段の歯磨きでは落としきれなかった汚れが溜まり始めます。その期間が2週間〜3ヶ月といわれています。その為、3ヶ月定期検診が重要になってくるのです。

    私達ビーバー歯科では、3ヶ月定期検診に力を入れています。

    当院の信念である“生涯、ご自分の歯でおいしく食事ができること”の目標のもと、皆様が一生ご自分の歯で食べることが出来るよう、サポートさせていただきます。

    そのため、スタッフが症例会や勉強会を実施し、知識、技術のスキルアップをしております。 衛生士がいるのに、歯周病で歯を抜くなんて、悲しいことはさせません!!

  • 歯肉炎は歯周病の第一歩 歯肉炎は歯周病の第一歩

    歯肉炎は歯周病の第一歩

    放置していると、骨など歯を支える歯周組織に炎症が広がり、「歯周病」へと進行します。

    歯周病は大人だけでなく、10歳前後の小さな子供も注意する必要があります。甘い物の食べ過ぎなど、乱れた食生活の影響により、低年齢化が進んでいるためです。

    特に女性は初潮・月経・妊娠・出産・閉経と、ホルモンバランスの変化などにより、男性より歯周病になりやすいとも言われています。妊婦は、悪阻で歯ブラシを口に入れるだけで気分が悪くなり、オーラルケアがおろそかになり、歯周病の原因となるプラークをためやすくするからです。

    また、歯周病を起こす菌の中には、妊娠中に出される女性ホルモンを栄養とする細菌がいて、歯肉に炎症を引き起こし、発症悪化しやすくなります。炎症時に出されるサイトカインという炎症物質が、歯周病の悪化だけでなく、子宮収縮などを誘発していることも明らかになりつつあります。

  • 歯周病と胃の病気の関係 歯周病と胃の病気の関係

    歯周病と胃の病気の関係

    そして、胃だけの病だと思われているピロリ菌と歯周病菌による免疫反応が同時に発生すると、「歯周病」と「胃の病気」の両方が悪化するとも言われています。ピロリ菌に感染していると胃だけでなく、唾液やプラークからもピロリ菌が検出されることがあります。

    普通、ピロリ菌の治療は薬を飲んで、胃の中だけの除菌をしますが、口の中の感染は見落とされがちです。口の中の除菌も同時にしていかないと、せっかく胃の中の菌を退治しても、口の中から再感染することもあり、歯周病がピロリ菌の感染ルートでは無いかという可能性も指摘されています。

    ピロリ菌は歯周ポケット、4ミリ以上の歯周ポケットに多く存在すると云われています。

  • 歯周病とアルツハイマーの関係 歯周病とアルツハイマーの関係

    歯周病とアルツハイマーの関係

    アルツハイマー患者の10人と、そうでない患者10人の脳を調べ、10人のアルツハイマー患者の4人の脳から歯周病関連のバクテリアが見つかりました。バクテリアは脳疾患のない人の脳内からは見つかりませんでした。

    口内バクテリアは食べ物を噛んでいる時や歯磨きをしている時、歯の治療をしている時などに血流に入り込みます。そして、この血液に侵入したバクテリアは脳内に移動し、脳の組織を退廃させる可能性があり、アルツハイマーが脳に起こる状態に非常に似ている状態になるそうです。

    歯を磨く回数が1日1回以下の女性は、1日に3回歯磨きをする女性よりも、65%も認知症を発症する確率が高いことが判明しています。

    歯周病の炎症は、糖尿病を悪化させます。歯に痛みがあったり、歯の本数が少なかったりして、よく噛めず、早食いになってしまうと、食べすぎや血糖値の急上昇を招くので、結果として、アルツハイマー病の発症にもつながると考えられます。